写真展

20231113_133410.JPGおいしいお菓子とコーヒーと。

この趣味の方とじっくり話すってなかなか機会ないですから。
とってもいい時間を過ごせました。





九州の名所

min-DSC07498.jpg昨年九州行った時は、なんでここ行ってないの~と有名な3ヶ所をすっ飛ばして廻ってたけど、今年はその3名所を全部まとめて。





トーチカっぽい

DSC04266-e.jpg遠征後半も円筒分水巡り。

時期じゃないので下見がてら。
その割りには、むっちゃいい雰囲気の円筒分水を撮ることができた。

なんか日本っぽくない景色。



ループ魚道

min-DSC00704.jpg今回のお目当ての一つ。

砂防横に見えるのは、秘密基地でも砲台でもありません。ループ魚道。
これを越えて上流に魚が行けないので、横のぐるぐる回る魚道を魚が登って上流に行けるようにしているしくみ。

こういう楽しいのがまだまだ全国にあるらしいです。





円筒分水求めて

DSC01878-e.jpgフリー切符を手に入れて、この週末は円筒分水巡り。今日イチはこちら。斜面にある畑を上って行くとこういう景色が見えるのって最高ですね。涼しげ。

でも気温は38度(笑)





円筒分水巡りの旅二日目

DSC07255-e.jpg二日目も雨、会津~喜多方を巡ってました。
ここは新しくて大規模。綺麗に整備されてます。

それにしても天気がよかったら山に囲まれてはいるけど結構広いのんびりした水田の中をドライブできたのになぁ。









町の中の円筒分水

DSC02381-e.jpg4つも円筒分水があるこの町。もともと分水比を見て判るのが大事な工事だからこそ、こういう誰もがわかる場所にあるのも当然なのかも。



お寺の奥の円筒分水

DSC02478-e.jpg先週の遠征で行った円筒分水。お寺の奥のお墓の先のさらに奥にある円筒分水。地図でポイントはわかっているのですが、そこにどうやって到達するのか、というのを調べたり現地で悩んだりするのも、この円筒分水探訪の趣味の一つの楽しさでもあります。



円筒分水の見える宿

DSC03403.JPG今回の旅行の最終日は、円筒分水巡り。そのスタートは、なんと!円筒分水が見える宿から。
ちなみに、ここの宿は「駅がしっかり見える鉄道ファン向けホーム側確約プラン」なんですけどね(笑)ホームより電車より円筒分水。



開拓分水工

DSC00061.JPG今回の旅行もちゃんと円筒分水巡りもしてきました。日本最大級の徳水園は当然行くとして、今回の新顔はこちら、開拓分水工。こちらも規模が大きく立派なものでした。



円筒分水巡り

DSC02604.JPG今日は真夏の円筒分水巡りドライブ。群馬~埼玉の5カ所を制覇。これで群馬と埼玉と東京は制覇したかな。水争いを人の知恵で解決する。それも誰が見てもわかるように、っていうのがいいんですよね。

いつもこういう使われている円筒分水を見て思うのが「落ちたら死ぬな」という感じ。それは現実感という点ではダムの比じゃありません(笑)なんで好きで見てるのについつい考えちゃうんだろ。



もう一つの円筒分水

DSC01066.JPG前回の遠征でもう一つ見た円筒分水。これは田んぼの真ん中にぽつんとあり、あまり使ってない感じ。でも元々作られた時は水争いを起こさないようにこういう形に作られたんですよね。



円筒分水

DSC00951.JPG遠征最終日は山越えドライブ。途中でもちろん円筒分水も見ていきます。
ここは職員の方に中に入れてもらって見せてもらった円筒分水。きちんと説明もしてもらいました。サイズも最大級で見事です。